ランニングリュックの選び方

ランニング専用のリュック(バックパック)があるのをご存知ですか?
普通のリュックと違い、ランニングに特化した機能性を備えています。
大きな違いは以下の通り。

  1. とにかく軽い!!
    長時間背負ってランニングしても負担が少ないようにできるだけ軽い素材が使われています。
  2. 走ってもずれにくい
    肩ベルトが体にフィットするカッティングになっています。
    また胸部分・ウェスト部分にもベルトがあり、フィット感を細かく調整できるようになっています。
    ランニング中にリュックがズレると肩が痛くなるので、最も重要なポイントです。
  3. 蒸れにくい
    汗をすばやく吸って、すばやく乾かす素材を使用しているので、重たくなったり、蒸れにくくなっています。
    背中・ショルダー部分だけでなく、背中のパッドもメッシュ素材が使用されています。
  4. 物が取り出しやすい
    細かくポケットが分かれているので整理しやすくなっています
  5. 水分補給セットがつけられる。
    リュックを背負ったまま水分補給ができるように、「ハイドレーション」のセットをつけられる穴が開いています。(ドリンクパックとストローで市販のペットボトルにそのままつけられるストローもあります)
    このハイドレーションは一般的にバッグと別売りですが、ランニングリュックにハイドレーションがセットされた商品もあります。

 

上記の①~④は必須ですのでこの要件を満たしていない商品はランニングには適していません。

この要件を満たした上で、
ランニングリュックを選ぶ時最も重要なのがサイズです。

大きいリュックで、容量20L前後、小さいリュックで、容量10L前後です。

タオル・着替えのTシャツ・パンツぐらいなら、容量10L前後のリュックで大丈夫ですが、

さらに上着やドリンクなどを入れるのでしたら、容量15L前後のリュックを選んでください。
替えの靴や食料まで入れたい方は、容量20L前後のリュックを選んでください。
通勤ラン等でも使われるのでしたら、容量20Lのリュック方がお勧めです。

 

ランニング アクセサリーカテゴリの最新記事